2018.12.26
/
不動産投資

マンション経営の大切なパートナー・不動産会社の失敗しない選び方

(写真=744304816/Shutterstock.com)
(写真=744304816/Shutterstock.com)
最近、サラリーマン大家さんという言葉を頻繁に聞くようになりました。働きながら副業でマンション経営をする人が増えています。その背景には、年金問題などを理由とする将来の不安や雇用の不安定さなどがあります。一昔前と違い、私たちの老後は決して安泰ではなく、早くから準備をしておく必要があります。そのひとつの手段がマンション経営なのです。

マンション経営で最も大切なこと

マンション経営で最も重視すべき点は、優秀なパートナー選びです。マンション経営は「失敗しにくい投資だ」と、一般的に言われます。ただ、パートナーとなる不動産会社次第で、その結果は大きく変わります。

まず、気軽に相談することができて、購入後のアフターフォローがしっかりしている不動産会社を選ぶことをお勧めします。また、マンション経営では、金融機関がどの程度の融資をしてくれるかが、大変重要になります。優良物件になるほど、価格は高くなるので、できるだけ多くの資金が借りられると投資はしやすくなります。もちろん、金融機関が判断することですが、融資が受けられる金額は、不動産会社の力量によるところもあり、過去に多くの金融機関と融資実績を積み重ねてきた会社を選ぶことが大切になります。

不動産会社が担う役割と、会社ごとに違う強み

世の中にはさまざまな不動産会社があります。全国に支店がある大手から地域密着型の小規模店まで、それぞれにまったく違う強みや特徴を持っています。それぞれのメリット・デメリット、特徴などを見ていきましょう。

・大手不動産会社のメリット・デメリット
テレビCMで見られるような大手の不動産会社は、全国に支店や関連会社を持っていることが多く、管理している物件数も多いというメリットがあります。また情報量が多く、高い視点より全体を網羅するような形でアドバイスを受けることもできるでしょう。契約などの手続きも整っているために簡単で、そして何よりも知名度が高いということでやはり安心感を得ることができるのは、意外にも大切なポイントです。

一方でデメリットもあります。地域に根ざした細かい情報に疎く、思わぬところで見落としがあるおそれは否めません。また、全体感は網羅していても、立地や住民層から見たようなアドバイスはやはり少々希薄になりがちな面もあります。

・地域密着型のメリット・デメリット
地域密着型の不動産会社は、古くから地元に根付き、周囲の住民との付き合いを大切にしている傾向が強いのが特徴です。この地域密着型のメリットは、人対人としての付き合いをするため、契約の際などは細かい点で柔軟に対応してくれることが多いところにあります。また、限られた区域内であれば、大手よりもち密でなかなか得にくい情報を得ることもできるでしょう。

デメリットももちろんあります。中でも最たるものは、やはり全体感に欠けている点です。地域密着型はネットワークを持っておらず、大きな視点を持っていないため、ほんの少し足を伸ばしただけでもっと良い物件が出てくる可能性もあります。

このように大手と地域密着型はそれぞれにメリット・デメリットが存在します。良い物件を探せるよう上手に使い分けることが肝心です。

優秀な不動産会社の選び方

優秀な不動産会社を選ぶといっても、初心者にはどのような基準で選べば良いのか分からないでしょう。そこで、不動産会社を判断するポイントをまとめてみました。

①デメリットも説明してくれる
「良い物件ですよ」とばかりに持ち上げる不動産会社は少なくありません。しかし物件というのは魅力的であると同時に、多かれ少なかれ、必ずなにがしかのデメリットもあります。そのようなところについても率直かつ赤裸々に話をしてくれる不動産会社は良い会社であると言えるでしょう。

②自信を持って勧めてくれる
①に通じるところですが、デメリットや欠点を赤裸々に語るというのは、他所の物件と比較して遜色がないということの裏返しでもあります。当然、勧めてくれるものには自信があり、またどのような質問をしてもハキハキと答えてくれるような不動産会社は質の良いところだと言えます。

③管理がしっかりしている
自社物件の管理がきちんとできているかどうかは非常に大切なポイントです。汚れやゴミがないか、共有部分に遜色はないかなど、細かいところに目配りしましょう。ただ、しっかり管理できている物件は見れば一目瞭然なことが多く、管理できていない業者であれば、それもまた一目でわかることが多いものでもあります。どれだけ親切でも管理がきちんとなされている業者を選ぶことです。

良い不動産会社は、マンション経営の成功への第一歩

今回は不動産会社選びに失敗しないためのポイントについてご説明してきました。もちろん、これらは一般論で、最も大切なのは、オーナー自身と「相性の良い」不動産会社や営業マンを選ぶことです。マンション経営ではパートナー選びが何よりも重要になってきます。良いパートナーを見つけて、ぜひマンション経営を成功させてください。
 
>>【無料eBook】「借金は悪である」という既成概念が変わる本
 

【オススメ記事】
マンション経営はなぜサラリーマンに向いていると言われるのか
マンション経営と他の投資はどう違うの?
金融機関はなぜ、会社員のマンション経営に融資をしたがるのか
不動産投資を自己資金0で始めるときの注意点
少子高齢化社会が不動産の可能性に与える影響

NEXT マンション経営の第一歩は必要経費を知ること
PREV 投資のリスク・リターンを考えながら、マンション経営で資産形成する方法

関連記事