2018.8.3
/
不動産投資

40代からの将来設計。早いほどおトクなマンション経営

(写真=4 PM production/Shutterstock.com)
(写真=4 PM production/Shutterstock.com)

将来に不安を覚える40代の方が増えています。今や日本人は平均寿命がどんどん延び、「人生100年時代」といわれています。その一方で公的年金制度を含めた社会保障全般が不安定であり、先行きが見えません。少子化もますます進んでいます。そのような中、現役引退後のことを考え、自分でお金を増やす準備をしている方が大変多くなっています。働き盛り世代にとって「今」は、マンション経営を考えるのに、絶好のタイミングなのです。

40代の投資は「守るため」のもの

2018年6月現在、日経平均は高値圏で推移し、日本は景気が良いといわれています。しかし、個人消費や内需はパッとしません。その要因として、大きな買い物をするはずの40代が「買わない」「買いたくない」と考えているからだと指摘する方がいます。それは将来に対する不安があるからでしょう。

「老後は大丈夫かな」と心配する40代の方は、自己防衛として投資を始めます。投資は一般的に「積極的な攻め」のイメージがありますが、40代にとっての投資はむしろ「自分の老後を守るため」のものなのです。そのため、株や為替のような自分で行うリスクの高い運用よりも、どちらかといえばプロが運用する投資信託や、安定したリターンが期待できるマンション経営がおすすめといえるでしょう。

早いほどおトクなマンション経営

40代の方たちがマンション経営に関心を示す理由は、マンション経営は安定感があり、価格変動が少ないためです。株などであれば、毎日毎日株価やチャートとにらめっこしている方も少なくありません。しかしマンション経営であれば、忙しいビジネスパーソンであっても安定した収入が得られます。

マンション経営による家賃収入という、安定した収入を得るこの感覚は、なるべく早めに体験しておく必要があります。なぜなら、さらに次の物件へとチャレンジするためです。もちろんそこから雪だるま式に資産を増やしていくことも不可能ではありません。

40代のためのマンション経営にはこんなメリットが

① 他の投資より安定している
株式投資を「バクチ」と言う方もいるでしょう。株式投資は立派な投資であり、バクチではありませんが、確かに「大儲け」がある一方で「大損失」もあり得ます。

一方、不動産には短期間での激しい値動きはありません。マンションなど保有した不動産に入居者がいれば、毎月必ず賃料をもたらしてくれます。株や為替は、景気が低迷すると、長らく価格が戻りませんが、不動産は、不景気な時でも住む人さえいれば利用し続けてもらえるので、ある日突然、家賃を半額にしなければならないというような事態には陥りません。

② 老後への安心感
マンション経営の場合、購入に利用したローンの支払いが終われば、そこから家賃収入を受け取ることができます。老後を迎えるころにローンの支払いが終われば、保有しているだけで毎月「家賃収入」がもたらされる。これは、マンション経営の大きな魅力です。

③ 節税効果が期待できる
マンション経営で支払う毎月のローンの金利、建物の減価償却費、固定資産税などは、必要経費とみなされるので節税効果が得られます。

40代のマンション経営はここに着目

では、実際にマンション経営をする際、注意点はあるのでしょうか。

①    管理や修繕は忘れずに
株式と違ってマンションは「モノ」です。モノは時間が経てば当然ほころびも生じます。放っておくと汚れてしまいます。だからこそマンションは管理が大事なのです。建物が傷んだり、古びた感じがしたりしてきたら修繕することを忘れてはいけません。普段からいつでもきれいな物件として、しっかりと管理をしておくことを心がけることが大切です。

② 長期保有が大前提
マンション経営は長期保有が大前提です。株や為替トレーダーのように朝から晩までモニターに貼り付いて絶え間ない売買をするものではありません。また、マンション経営というと、なかにはマンションを何度も売買することを想定する方がいるようですが、マンションはあくまでも20年、30年と長期で保有し続けることで本来の価値を発揮するのです。

所有するマンションを短期や中期で売買するものという前提で関わると、投資においてもあまり良い結果は得られません。自分の一生を支えてくれる大切な資産という意識が薄れてしまうからです。だからこそマンション経営をする際は、常に借り手の立場に立って考え、魅力があって長期保有したくなるような物件を購入すべきなのです。

安定性の高いマンション経営で豊かな老後を

今回は将来設計のために、40代からマンション経営を行うことのメリットについて考えてみました。マンション経営には他の金融商品への投資よりも安定性が高いという特徴があります。すでに他の金融商品で資産運用をしている方にとっても、分散投資の対象としても魅力的です。自分の将来のためにマンション経営を検討することをおすすめします。

【オススメ記事】
40代からの将来設計。早いほどおトクなマンション経営
マンション経営の物件選び!初心者がまず知っておきたい必須のポイント
少子高齢化社会が不動産の可能性に与える影響
「働く」だけが収入源じゃない 欧米では当たり前の考え方とは
実は相性がいい!?不動産×ドローンの可能性

PREV マンション経営はなぜサラリーマンに向いていると言われるのか
NEXT マンション経営の物件選び!初心者がまず知っておきたい必須のポイント

関連記事