2020.7.1
/
不動産投資

始める前に読んでおきたい 初心者向け長期資産運用のコツがわかる本5冊

(画像=taa22/stock.adobe.com)
(画像=taa22/stock.adobe.com)
マンション経営に興味をお持ちの方に今必要なのは、正しい知識です。マンション経営は長期的な視野で取り組むことで資産形成や老後の収入源確保といったメリットを手に入れられることが魅力ですが、そのためにはある程度の勉強が必要です。

そこで当記事では、コロナ自粛やリモートワークなどでできた時間を将来のために役立てていただくために、長期的視野で取り組む資産運用というテーマに絞っておすすめの書籍を5冊ご紹介します。

こんな状態の人に読んでほしい

これからご紹介する5冊の本は、主に以下のような方に読んでいただくことを想定して選びました。

・マンション経営に興味がある
・長期的な資産運用、資産形成の必要性を感じている
・短期的な損益ではなく、将来や老後のために備えるのが目的である
・コロナ自粛、リモートワークで時間があるのでこの時間を有効活用したい

これらの条件を1つでも多く満たしている方は、資産形成に対して高い意識をお持ちであると推測されます。それでは、そんな方々に満足していただける5冊をご紹介しましょう。

1冊目『決定版!たった90分で人生が変わる ワンルームマンション投資入門』

不動産投資会社の代表であり自らも不動産投資家である著者が、自身の経験も交えて解説するワンルームマンション投資のバイブル的な入門書です。何も知識を持っていない初心者が読み始めても抵抗がないよう、優しい表現で基本から物件の購入、管理といったプロセスが解説されています。「これなら自分にもできる」と思ってもらうことがコンセプトになっているので、ご自身がこれから取り組むことをイメージしながら読むと、より理解が深まります。

2冊目『長期投資をはじめよう 人生100年時代の資産運用必勝法 』

投資に必勝法はないと言われますが、それは短期での話です。長期投資には多くの人が資産形成に成功できるセオリーがあり、本書ではその方法が分かりやすく解説されています。預貯金だけの資産運用だとリスクが高く、老後難民になるリスクがあるというのが本書のメッセージで、それを回避するための最善の行動が長期投資であると説いています。長期投資を成功させることによって1億円以上の資産を有する「億り人」になることも十分可能であり、そのための方法と道筋が具体的に記されています。

3冊目『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

楽天証券の客員研究員を務め、長らく資産運用のプロフェッショナルとして高い知名度を持つ山崎元氏が、お金に関するさまざまな質問に会話形式で答えていくお金の入門書です。元本が保証されている預貯金以外の資産運用には必ずリターンだけでなくリスクが伴いますが、それを踏まえた上で「お金を増やしたければ銀行には近づくな」というユニークなメッセージや保険不要論など、多くの人が常識だと思っていることを根底から覆し、お金にまつわる真実が語られています。

4冊目『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』

投資が持つすごい効果を知ってもらい、その効果を自分のものにするための具体的な方法を解説する構成になっています。最初に長期投資がいかにメリットの多いもので、誰もが取り組むべきかが丁寧に説かれているので、興味を失うことなく読み進めることができます。具体的な長期投資法についても、長期投資に適した投資対象の選定、優遇税制の活用法などが紹介されており、とても実践的です。

5冊目『「14人」の達人に学ぶ 不動産投資成功の秘訣』

長期投資の重要性や魅力、そしてそのための方法論として不動産投資も有効な選択肢であることを理解した方が次に知っておくべきなのは、すでに成功している人の体験談です。本書では成功している14人の不動産投資家にスポットを当て、さまざまな価値観で不動産投資を行い、成功できた理由や苦労話などが赤裸々に語られています。この中にご自身の考える不動産投資の価値観と近い人がいたら、よりリアルに大家さんになった自分の姿をイメージしやすくなると思います。
 

>>【無料eBook】「借金は悪である」という既成概念が変わる本

【オススメ記事】
マンション経営はなぜサラリーマンに向いていると言われるのか
マンション経営と他の投資はどう違うの?
金融機関はなぜ、会社員のマンション経営に融資をしたがるのか
不動産投資を自己資金0で始めるときの注意点
少子高齢化社会が不動産の可能性に与える影響

NEXT トークンやスマートコントラクトを応用した「不動産トークン化」とは
PREV リーマンショックから学ぶ コロナショック後の収益物件の″買い時″は?

関連記事